« 六段 & 幽霊部員卒業 | トップページ | 牌譜解析:特南110戦 »

Road to 400戦

まずは、Rグラフをもとに道のりを振り返ってみるぞー(○゚ε゚○)/

Rate20081203

一般卓 : 1〜103戦
当初の参加目的は「リアル麻雀のための調整」。なので相手が誰であろうと丁寧に打った。そのかいあってスタート直後からR急騰。いきなり確変が来たようなグラフになった。ネット麻雀のシステムには未来を感じたが、残念ながら内容面での新しい発見はなかった。

上卓 : 104〜293戦
上卓になると、そこは目まぐるしいドンジャラ合戦だった。いやおれはドンジャラを全て否定しているわけじゃないよ。ただ適切なものとそうじゃないものがあるだろってことだ。出る牌全部鳴いてあっという間にハダカ単騎とか((;゜Д゜))、けっして適切とは言えねえと思うぞ。親リー入ってるのに大明槓したり。ここでの麻雀は自分にとって未知のモノだった。

で、どうしたか?っていうと、一緒になってやってみることにしたヘ(゚∀゚ヘ)ウヒャ 流行ってるならまず試そうと。そうすりゃどんな景色か分かるし対応のヒントにもなるからだ。で、何年かぶりにハダカ単騎になったよ。いやー面白かった(≧∇≦)

結果は、遊ぶ分には楽しかったが成績はさっぱりだった。Rがやばくなったところで元のスタイルに戻したものの、その後もかなり苦戦した。おれにとっちゃ特上よりもやっかいな記憶しかなく、正直ここで成績を上げる自信はまったくねえ(´Д`lll) そういう意味ではもう戻りたくない卓だ。

特上卓 : 294〜410戦(12/4現在)
上卓でびびった記憶から最初は警戒して見に回った。ハダカ単騎麻雀の延長でもっとスゴい事になってたらどうしよう?と思ったんだな。しかしほどなくしてそれが杞憂だと分かった。

「あ、これはおれの知ってる麻雀だ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙」

そう、上卓とは違い理解できる麻雀だった。これなら安心だ(´∀`*)。相変わらずラス回避ゆえのいびつな展開には手こずってるけど、これも慣れれば何とかなるだろう。今じゃ概ね普段通り。リアルに近いフォームで打っている。いずれどこかで降段するまでは現行のスタイルで行こうと思う。

12月は世間的にはイベント満載だろうが知ったこっちゃねー。年末年始は麻雀にかぎる。先月の84戦よりたくさん打つぞー(≧∇≦)


|

« 六段 & 幽霊部員卒業 | トップページ | 牌譜解析:特南110戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522643/43317590

この記事へのトラックバック一覧です: Road to 400戦:

« 六段 & 幽霊部員卒業 | トップページ | 牌譜解析:特南110戦 »