« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年1月の記事

祝儀対戦

祝儀対戦のテスト大会、知り合いが何人も参加したが総じて良い感想は聞かれなかった。数値的にシミュレートできても、その醍醐味を実現できていないってことだろう。つのさんも悩んでるようだ。

祝儀のキモは、直接マネーが行き来するダイレクト感+着順収支と別に動く別枠(別腹?)感にある。実マネーのやり取りがない天鳳なら、むしろ順位戦に取り入れた方がその特性が際立ちやすい。

例えば段位戦においてダイレクトに祝儀分のptが動くとかね。祝儀1枚=10ptとした場合、3枚オール引けば90pt(鳳南トップ相当)もらえる計算だ。降段がかかった対戦でラス(チャオ)濃厚な状況でも「まだ祝儀を引けば望みが…」という展開も予想できる。最終的に合算される点は収支戦と同じだが、着順ptが固定だけに別枠感がより際立つ。

そんなんでトップ相当とか「何それー」と感じる人もいるかもしれないが、その理不尽さこそが祝儀の本質だ。逆に言えば「勘弁してよぉー」と悲鳴が上がるシーンを想像できないシステムに祝儀の醍醐味はない。

※はい、ここで誤解がないように一言。おれ自身はこれをやってほしいわけじゃないから。たんなるアイデア提議です。てことで話続行。

一般的フリー雀荘の場合
着順によって動くマネー(プラスあるいはマイナスの総和)
ピ ン:6000
テンゴ:3000

着順マネーに対する祝儀比率
ピ ン:6000/500→12分の1
テンゴ:3000/100→30分の1

天鳳順位戦鳳南に組む場合の数値例。
着順pt(プラスの総和):135pt
 ↓
祝儀pt(ピ ン相当):10pt
祝儀pt(テンゴ相当): 5pt

シンプルに計算すればこう。鳳東なら各7pt、3ptって感じか。
ユーザー層からみてテンゴ相当が妥当かも。

てな具合に、段位戦に組み込むのも一つの案だと思う。完全に別モードに分けるより右5左5を作る方向ね。左1よりはニーズがあるのは間違いないしさw あ、断っておくけど、おれ自身はこれを実現してほしいわけじゃなく…(ry

また、この件とリンクして「段位戦のpt配分をリアルと同じに」と望む声も多い。ではウェルバランスな配分とはどのようなものか? そのあたりの話はまた書く(たぶん)


| | コメント (7) | トラックバック (0)

雀荘モードの件

とりあえず、つのに送った内容を紹介しとく(。・ω・)ノ

【本文読むのめんどい人用に要約】
・段位戦をリアルバランスに。
・個室機能に自由度を持たせてインフラとして提供したらどうか。

【本文】一部省略・補填

個人的に天鳳に可能性を感じる点は次の2点に集約されます。
どちらも天鳳オンリーの魅力であり、他サービスでは代用が利きないポイントです。

1)全ユーザが1つのピラミッドに収まっている点
プロ・雀ゴロ・愛好家・高校生・初心者・・・一緒くたに同じフィールドで打つ機会はリアルではあり得ません。この点はリアル雀荘では得られないから価値があり、ネトマの特権でしょう。段位システムもそうです。一瞬、このまま行けば日本の麻雀界にもスポーツ界のようなランキングが誕生するかも、とまで可能性を感じました。そこまでは行かずとも新たな基準にはなるだろう、と。だからこそ(せめて最上級層では)オーソドックな麻雀で競いたいのです。

ネトマで勝っても金銭は動きません。ゆえに段位という名の勲章、名誉、名声、そういったものをモチベとしてる方も多いでしょう。ゆえに「段位」が持つ価値は高ければ高いほど良い。ただし、現行システムでは上位に行くほどリアルと戦術が「乖離」します。それを嫌って天鳳を離れる上位層も多い。また特有のpt配分が招く段位価値の低下も懸念材料です。例えば天鳳○段と言っても麻雀界という狭い世界ですら通用しない。これはネトマで得た段位だからリアル世界の人が認めないわけじゃなく、ゲームバランスが違うから仕方がないわけで。

仮に、リアルと同じptバランスで得る段位ならリアルとの乖離は小さく、実力を図る物差しとしてもアテになり得ます。そんな中からはいずれ天鳳で麻雀を覚えたプロが誕生する日も来るでしょう。箱庭から外へ繋がる基準であれば更に価値は高まるんじゃないでしょうか。

2)シンプルさが生んだユーザ文化の発達
チャットもアバターもないシンプルさ。それが逆にユーザ文化を生むことに繋がっている点。例えば、ブログ界なら他のネトマと比べても質量とも天鳳勢が圧倒してます。チャット機能がないゆえに発達したスカイプネットワーク。らいつべやニコ生での配信もそう。あのような遊び方をされるとは主催側も想像していなかったはずです。こうした機能は天鳳側に内包させるより、外で構築した方が自由度が高い。遊び方が限定されず、ユーザ側が拡張しながら遊ぶことができるから。

てことで。
雀荘シミュレートの件も、個室機能の自由度を上げて、ユーザ側にインフラとして提供してはどうですか。そうしておいて「個室利用者に課金」させる案。

麻雀の楽しみ方のひとつには「自分たちで好きなルールを作って遊べる」要素があるわけで。だから日本中でいろんなルールができた経緯もあり。それを最大公約数的にまとめようとするのは、一時的なカンフル剤にはなっても、そもそものベクトルに無理があるのではないかと。

個室で自由なルールが設定・集計機能も搭載されれば、ユーザ主催の大会やらリーグ戦も立ち上がるだろうし。雀荘モードなんてわざわざ作らなくても、ユーザ側がバーチャル雀荘○○とか勝手に作るだろうし。そこで入店基準を○段以上とかしておけば段位戦を打つ新たなモチベにも繋がります。

つまり、ユーザ側が八段以上の最高峰雀荘を作ることもできるし、サンマ雀荘を作って「東天紅」を再現することもできる。ブーマン雀荘だって可能です。またはリーグ戦を設置して人数をたくさん集めることもできる。で、仮にそうなってもつのさん困らないでしょ。全員課金者なんだから。(略)

以上が概ねの内容だ。いわば「スモール政府+民営化」案って感じか。そこに現行へのバランス調整を加味する形。つのさんが反応を求めていたので、リアルテイストの取り入れ方として別のアプローチを提案してみた。

この件に関してコメントをもらえるのはありがたいけど、コメ欄で議論するつもりはないのでレスは簡単なものになります。意見ある人は是非つのブログ宛にもポストしてやって。

あ、そうそう、今夜のBAR配信でも話題にのぼる可能性大。興味ある人は来ればー(´∀`*) ※ただし”雑談”BARだけに話の方向は保証できません。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

雀荘モード反対

前記事のコメ欄にて名無しさんに聞かれた件へのレス。
他の方からも聞かれそうな内容だったのでこっちへ書いとく。

>フリー雀士だから収支制賛成だと思ったら反対なんですね

リアルに近い(繋がる)麻雀を打たせてくれ、という欲求は理解できる。つか、おれもそうだし。ただ、それがイコール「雀荘モード」となると話は別で。複数モード&基準によるユーザ分散、段位価値の低下…等々、懸念材料ありすぎ。

天鳳の魅力のひとつは、全ユーザ(プロもアマも学生も)公平に同じ1つのピラミッドに納めた所。そうして築かれたピラミッドこそが天鳳の財産だと思うから。

あと、雀荘シミュレートなら他ゲーでも代用可能だしさ。つか、仮想マネーをやり取りするぐらいなら雀荘行くし。

取り急ぎ雀荘モードには「反対」の意を表明しておく。現行の問題点を絡め、より掘り下げた考察はまた書く。(たぶん)


| | コメント (10) | トラックバック (0)

近況報告

い、忙しくて麻雀できーん(@Д@;
年末遊びすぎたツケがきたぜ。今年に入ってリアル3回打っただけとか。参る。少ない空き時間に麻雀しちまうと、残り何にもなくなるので自重。夜はDVD見たりして健康な毎日を送るよう努めてる。

それはそうと、ちと目を離した隙にまたしてもつのに不穏な動きが(ーー;)。聞けば雀荘モードだとー!なにぃー\(*`∧´)/ 即座に反対メールを送ったことは言うまでもない。この件はまた書く。

とりあえず元気だから!配信もまたやるから!(≧∇≦)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

新春挨拶

あけましておめでたうヽ(´∀`*)/
本年も元気に麻雀打てますように。パンパン!

2010年の抱負
shineブログの継続
shineダイエット5kg
shineお金もうけ
shine滝川クリステルの奪還

前年比
ブログに関しては充実→継続へと微妙に日和ってるけど気にしないでw
昨年ダイエットできなかったのは目標が具体的でなかったためと分析。
お金もうけはしないと麻雀打てないのでがんばる。
滝クリの件はプライベートな事だから公には語れない(キリッ

Kotobuki


| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »